2nd.アルバムのREC ~PiCasと一緒に~

| トラックバック(0)
2018.12.23は、"パイレーツカヌー"の男性3人組、"PiCas(パイカス)"と一緒にRECでした!
彼らとは、先日初めてワンマンライヴをしたところ。
ベーシック中心にオープンリールでカバー2曲を録音しました。
曲は、かまやつひろしさんの「どうにかなるさ」と、Dan Penn & Donnie Frittsの「Memphis women and chicken」に僕が日本語訳をつけた「南部女とフライドチキン(仮称)」
どちらも、PiCasの3人にかなりアレンジしてもらいました。
「どうにかなるさ」では、スティールギターを岩城くんに弾いてもらい、ゆったりと音の隙間を意識しながら、空気感と世界観が出せた様に思います。
「南部女とフライドチキン」は、ブルースを意識しながらも、かなりア―シ―というかダウントゥーアースな、荒野っぽい感じに仕上がったと思います。岩城くんはドブロギターで参加です。
いや~、一音一音を意識した、無駄のない演奏♫
too groovy じゃないところがいいんですよね。
PiCasの皆さん、流石です!!

後日、何回も聴き直しましたが、聴くほどに良さが解る仕上がりです。
これから、他の音を重ねていくのが楽しみだけど、如何に隙間を作っていくかが重要でしょうね。

with PiCas1.jpg
PiCas(from パイレーツカヌー):岩城一彦(Gt.)、谷口潤(B.)、吉岡孝(Dr.)

with PiCas2.jpg

ありがとうございました~!!!

RECは、まだまだ続きます♫

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://swamp-asakichi.com/movabletype/mt-tb.cgi/85

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、asakichiが2018年12月28日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2nd.アルバムに向けてのREC開始!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。