2016年1月アーカイブ

ぬかるみ天国CD完成.jpg

遂に、「ぬかるみ天国 by アサキチ」が完成しました!
去年の6月から始まり、半年余り。。。
出来あがったCDを見た時は、感無量でした♪
アメリカ南部音楽フレーバーたっぷりの、日本語オリジナル全12曲収録(定価¥2500税込)です。
1曲(靴を磨こう)には、あの人間国宝?"有山じゅんじ"さんにも参加していただきました。
今回、最初からこだわったのは「アナログ感のあるCD」でした。
目指していたのは、70'sのマッスルショールズサウンド(特に、ドリーフリッツ)のような音です。
その方向性をエンジニアの間所さんにお話し、まずRECでは、なるべくlineではとらず、エフェクター(リバーブ)もかけずに、可能な限り、生音で録るようにしました。
ミックスダウン時には、RECした音源を一度DATに落としアナログ感を出すようにしました。音の配置を考え(すべてエンジニアの間所さんがしてくれたのですが)音の隙間に、空気が通り抜けるようにしました。
マスタリングも、EQは最小限にし、音圧もあまり上げないようにしました。
最終的には、これがデジタルの限界かというところまでやり切れたと思います。
今回のCD製作は、僕にとって本当にいろんな勉強になりました。
次回は、やっぱりアナログレコードかなあ。。。

こうして出来あがったCDは、いまどきのCDの音質とは全く違います。低音を思いっきり上げて音圧をかけ、メリハリをつけ小さい音でもキャッチ―に耳に入るようなことは一切していません。だから、もしかすると、初めてお聴きになった時には、あっさりした感じって(実はこれが、空気感だと思っているのですが)思うリスナーの方もいらしゃるかもしれませんが、何度か聴き込む程に、味がどんどん増して来ると思います。そして、何回聴いても、全く疲れずに飽きることが無いはずです。まさに、違いの分かる大人な音になっています。お酒に合わせてもらってもいいかもね(笑)

「ぬかるみ天国 by アサキチ」は、そんなCDです。

僕の家の近所の、老夫婦がやっている「かどや」の「揚げカレーうどん」みたいなもん。コシが無いけど切れにくい「大坂うどん」を使用し、出汁は和風だしにカレー粉を混ぜたもの。最初の一口は、パンチが少ないように思いますが、なぜかどんどん食べ進んでいき、出汁の最後の一滴を飲み干した時に、最高の幸福感が生まれる。そして、また食べたくなる。。。

かどや.jpg
カレーうどん.jpg

カレーうどん(空).jpg


CDのご購入方法ですが、最初はライヴ時に特価¥2000で販売します。御希望なら、メンバーのサインももちろんありますよ。
その後、4/1から、Amazon、 iTune、全国約95%のCDショップでも販売の予定です。

出来れば、ライヴの時に是非買ってくださいね♪

最後に、このCDの製作に携わっていただいたたくさんの皆様に、心から感謝します!

それから、購入いただいた皆様は、ご感想をどんどん聞かせてくださ~い!

今年も好調な滑り出しでした!
まずは、1月9日(土)の、アサキチ presents "Anieky A Go GOがやってくるぞ!"@大正されがま
Sold Outの中、大盛況に終了しました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
この日は、北京一さんも、観に来てくださいました。
それから、されがまのガンボさん、美味しい料理と空間をいつもありがとうございます!

僕らは"ぬか天5"で、New CDのオリジナル10曲を披露♪

お次は、Anieky A Go GO with 加藤雄一郎(A.Sax.)さん達
やっぱり凄い。
持っていきますねえ♪
流石、百戦錬磨の"Anieky A Go GO"さんに、加藤さんのSax.が加わってノリノリだ~!
やっぱり、音楽に対する熱い想い入れが、ライヴには滲み出るんですねえ。 
本当に、勉強になりました。
今年初めから、圧巻のパーフォーマンスでした。

最後は、Aniekyの提案で、皆で僕の曲"あの街"を一緒に♪
2016.1.9@されがま(全員).jpg






















2016.1.9@されがま(全員)2.jpg


翌日10日(日)は、僕の兄の還暦パーティーライヴ@梅田Royal Horse
出演は、1. ぬかるみ天国3(アサキチ、ホーリー、Misa)、2. Anieky A Go GO with 加藤雄一郎、3. 北京一(マイム&歌 with 落ち葉の国オールスターズ)、4. 有山じゅんじ、5. 秀彦 with 落ち葉の国オールスターズ(川人義彦、吉岡伸泰、小松敏章、石川正道、ホーリー、Misa)でした。

ここでも、一流ミュージシャンのパーホーマンスは極上で、何度涙を流したことか。。。
一瞬で、お客さんのこころに入り込み、自分世界に曳き込んでいき、超幸せな気分にさせる。

秀彦還暦祝い.jpg


















新春早々から、本当にいい体験をさせてもらいました。
今年は、皆さんを見習って、もっともっと音楽に対して真摯に向き合って、ワンステップアップするよう頑張ろうと思います!
それから、今年は他のミュージシャンのライヴを積極的に観に行こうと思っています。




付録:「チョコレートケーキをほうばる京一さんと有山さん」 「僕のJ-50を弾く有山さん」

秀彦還暦(有山さんと北さん).jpg
秀彦還暦(有山さん).jpg

新年あけましておめでとうございます!

今年は何と言って、1/30からレコ発ツアーが始まります♪

といいながら、未だ最後のマスターリングで悩みながら結果が出ずに、年を越してしまいました(笑)

今のところ決まっているライヴは、大阪が1/30@なんばS.O.Ra, 2/11@堺三国ケ丘FUZZ, 3/5@ベガ―ズバンケット、5/3@福島サードストーン、京都が3/19@先斗町Star Dust Club, 3/20@一乗寺インキョカフェ、東京が4/8@高円寺ジロキチ、等々続々決まってきております。

是非、お越しください!

 

今回のNew CD制作では、色々ためになることが多かったです。

l  如何に空気感を失わずに、NaturalRECをするか。

l  Mix downでは、各パートの音を見て、音のキャンパスのどこに配置するか。

l  Masteringでは、このCDの目的をどこに置くか。

等という事を考えました。

これもすべて、ミュージシャンの皆様を始め、間所さんのおかげです。

ありがとうございました!

これから他のCDの聴き方が変わるのは間違いないと思います。


 ぬか天レコ発3.jpg


皆様、今年も「ぬかるみ天国」をよろしくお願いします!

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。