New CD (ぬかるみ天国 / アサキチ)完成!

| トラックバック(0)
ぬかるみ天国CD完成.jpg

遂に、「ぬかるみ天国 by アサキチ」が完成しました!
去年の6月から始まり、半年余り。。。
出来あがったCDを見た時は、感無量でした♪
アメリカ南部音楽フレーバーたっぷりの、日本語オリジナル全12曲収録(定価¥2500税込)です。
1曲(靴を磨こう)には、あの人間国宝?"有山じゅんじ"さんにも参加していただきました。
今回、最初からこだわったのは「アナログ感のあるCD」でした。
目指していたのは、70'sのマッスルショールズサウンド(特に、ドリーフリッツ)のような音です。
その方向性をエンジニアの間所さんにお話し、まずRECでは、なるべくlineではとらず、エフェクター(リバーブ)もかけずに、可能な限り、生音で録るようにしました。
ミックスダウン時には、RECした音源を一度DATに落としアナログ感を出すようにしました。音の配置を考え(すべてエンジニアの間所さんがしてくれたのですが)音の隙間に、空気が通り抜けるようにしました。
マスタリングも、EQは最小限にし、音圧もあまり上げないようにしました。
最終的には、これがデジタルの限界かというところまでやり切れたと思います。
今回のCD製作は、僕にとって本当にいろんな勉強になりました。
次回は、やっぱりアナログレコードかなあ。。。

こうして出来あがったCDは、いまどきのCDの音質とは全く違います。低音を思いっきり上げて音圧をかけ、メリハリをつけ小さい音でもキャッチ―に耳に入るようなことは一切していません。だから、もしかすると、初めてお聴きになった時には、あっさりした感じって(実はこれが、空気感だと思っているのですが)思うリスナーの方もいらしゃるかもしれませんが、何度か聴き込む程に、味がどんどん増して来ると思います。そして、何回聴いても、全く疲れずに飽きることが無いはずです。まさに、違いの分かる大人な音になっています。お酒に合わせてもらってもいいかもね(笑)

「ぬかるみ天国 by アサキチ」は、そんなCDです。

僕の家の近所の、老夫婦がやっている「かどや」の「揚げカレーうどん」みたいなもん。コシが無いけど切れにくい「大坂うどん」を使用し、出汁は和風だしにカレー粉を混ぜたもの。最初の一口は、パンチが少ないように思いますが、なぜかどんどん食べ進んでいき、出汁の最後の一滴を飲み干した時に、最高の幸福感が生まれる。そして、また食べたくなる。。。

かどや.jpg
カレーうどん.jpg

カレーうどん(空).jpg


CDのご購入方法ですが、最初はライヴ時に特価¥2000で販売します。御希望なら、メンバーのサインももちろんありますよ。
その後、4/1から、Amazon、 iTune、全国約95%のCDショップでも販売の予定です。

出来れば、ライヴの時に是非買ってくださいね♪

最後に、このCDの製作に携わっていただいたたくさんの皆様に、心から感謝します!

それから、購入いただいた皆様は、ご感想をどんどん聞かせてくださ~い!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://swamp-asakichi.com/movabletype/mt-tb.cgi/61

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、asakichiが2016年1月21日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年"ぬかるみ天国始め" 2days」です。

次のブログ記事は「2016.1.30ぬかるみ天国レコ発ライヴ~第1弾~@S.O.Ra」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。