アサキチ プロフィール        →Profile/English

1962年、大阪府堺市に生まれる。7才年上の兄の影響で、中学生頃から洋楽を聴く

ようになりブラックミュージックにはまり、ブルーズ、ソウル、ジャズ等のあらゆる

年代の音楽を聴きあさり、一人でジャズ喫茶に通い詰め、ブルーズバンドも結成していた。

大学在学時の1985年、 LMC 8・8 Rock Fes. in Osakaに、ソウルバンド「Money Makers」

で出演し、クラーレンス・カーターの"Snatching it back"とオーティス・レディングの

"Try a little tenderness"を歌い、“ベストボーカリスト賞”を受賞。その後も、

「Black is beautiful!」「Grooveこそが最高!」と感じ、ソウルやファンクを中心に

ブラックミュージックのカバー曲を歌っていた。

その頃のフェイバリットシンガーであったジェイムス・カーが歌う"Dark end of the street"

の作者がダン・ペンである事を知り、ダン・ペン&スプーナー・オールダムのライブ盤

『Moments from this theatre』(1999)を聴いたところ、その空気感といなたさ、

無駄な音を一切使わない“引き算の美学”に、完全にノックアウトされた。

以来、マッスルショールズ・サウンドにのめり込み、スワンプロックを中心に

様々なアメリカンルーツミュージックに傾倒していった。

2009年頃から、「アサキチ」の名前で、カバー曲中心のギター弾き語りを開始し、

スワンプロックバンド「アサキチとゆるいヤツら」も結成。関西で色んなミュージシャンと

共演した。永井“ホトケ”隆氏からは、“なにわのダンペン”と呼ばれた。

2013年にファーストCD『アサキチとゆるいヤツら』をリリース。

2014年から、オリジナル曲中心のバンド「ぬかるみ天国」を本格的に始動し、

2016年1月、満を持して、セルフプロデュースによるファーストソロアルバム

『ぬかるみ天国』(有山じゅんじ氏も1曲参加)をリリースし、全国ツアーを行った。

下北沢440で毎月行われている「金子マリ presents 5th. Element Will」ライブのOAとして、

2016年以来定期的に出演し、同時期に東京2〜3Daysでライブも行っている。

2017年1月からは、ラジオ番組「FM OH! アサキチのぬかるみアワー Take you to the SWAMP!」

のメインDJを1年間務めた。

2019年3月の、ダン・ペン&スプーナー・オールダム来日時に、同上の特番を組み、

憧れのダン・ペンへのインタビューを行った。

同年7月には、久保田麻琴氏マスタリングによる、2nd.ソロアルバム『ぬかるみ天国U(セカンド)』

をリリースし、全国ツアーを行っている。

同年8月、ナッシュビルのダン・ペンの自宅の地下にある”Dandy Studio”を訪問し、

2nd.ソロCD『ぬかるみ天国U』に入っているダン・ペン&ド二―・フリッツ作の

”Memphis Women and Chicken”の大阪弁訳バーション「南部女とフライドチキン」を、

ダン・ペン自身に聴いて貰い、お墨付きを頂いた。

現在、『ぬかるみ天国U』は、アラバマ州にある"Dan Pen Museum"に、

他の世界的に有名なCDやレコードと一緒に並んでいる。勿論、日本人のCDとしては、

初めての事である。



Asakichi

Born in 1962 in Sakai City located in the deep south of Osaka, Japan.

M.D. & Ph.D.


Under the influence of my 7 year older brother, I started listening

to black music (blues, soul, funk, jazz, etc.) of various ages from junior high

school, and also played in blues band.

In 1985, when I was a medical university student, I participated in the amateur

band contest “LMC 8/8 Rock Fes. In Osaka” with Soul Band “Money Makers”.

Then, I sang “Snatching it back / Clarence Cater” and “Try a little tenderness /

Otis Redding” and as a result won the “Best Vocalist Award”.

After that, I felt "Black is beautiful!" and "Groove is the best!" and covered black

music such as soul and funk.

I learned that Dan Penn wrote “Dark end of the street” sung by James Carr, a

favorite singer at that time and I was interested in him. Just then I listened to

Dan Penn & Spooner Oldham's live album “Moments from this theater” (1999)

and I was completely knocked out by its warmth and laidback feeling and “the

aesthetics of subtraction".

Since then, I have been immersed in Muscle Shoals Sound and have been

devoted to various American roots music, including Swamp Rock

From around 2009, I started playing with the swamp rock band "Asakichi &

Loose Guys". We played with various musicians and I was named “Japanese

Dan Penn” by Takashi ‘Hotoke’ Nagai who is a Japanese famous blues singer.

In 2013, I released the first CD “Asakichi & Loose Guys”.

In 2014, I started the new band “NUKARUMI TENGOKU” which played Japanese

original songs and performed gigs all over Japan.

In January 2016, I released a self-produced first solo CD “NUKARUMI TENGOKU"

(Junji Ariyama also participated in one song) and toured Japan.

Since 2016, we have regularly performed a couple of times a year as opening guest

of Kaneko Mari presents 5th. Element Will’s gig that held every month at Shimokitazawa

440. At the same time we also have performed a couple of gig in Tokyo.

From January 2017, my radio program “FM OH! Asakichi's Nukarumi Hour -Take

you to the SWAMP!-” was aired for one year.

When Dan Penn & Spooner Oldham came to Japan in March 2019, I interviewed

Dan Penn in the special version of the aforementioned radio program.

In July 2019, the second solo CD "NUKARUMI TENGOKU II (second)" mastered by

Makoto Kubota was released.

In August 2019, I visited “Dandy Studio” in the basement of Dan Penn's house in

Nashville. In his studio, he listened carefully to a Japanese translation version

of “Memphis Women and Chicken” written by Dan Penn & Donnie Fritts in the

CD “NUKARUMI TENGOKU II”.

As a result, the "NUKARUMI TENGOKU II" is now lined up with other world famous

CDs and records in “Dan Pen Museum” in Alabama.

Of course, this is the first Japanese CD.


* The Japanese ”NUKARUMI TENGOKU” means “Swamp Heaven” in English. 

 



TOP